当サイトはプロモーションを含む場合があります。

ガジェット レビュー

【Capsule3 Proレビュー】高音質で安いLDAC対応:SOUNDPEATS ワイヤレスイヤホン

SOUNDPEATSより発売されている「Capsule3 Pro」のレビューをまとめました。

発売から半年以上しっかり使っており、製品の良し悪しについて把握しておりますので参考にしていただけるのではないでしょうか。

SOUNDPEATSの製品はコスパの良い製品という印象が強いですが、「Capsule3 Pro」を実際に使った上で使用感や音質を重視してレビューをまとめているので、手に取る前にぜひ読んでおくとより製品の満足度が伝わるのではないかと思います。

「Capsule3 Pro」の主な特徴です。

Capsule3 Pro

  • Hi-Res認定ワイヤレスイヤホン
  • LDACコーデック対応
  • 7000円台のコスパ最強ワイヤレスイヤホン
  • カナル型完全ワイヤレス
  • アクティブノイズキャンセリング機能搭載
  • アプリでのイコライザー調整可能

「Capsule3 Pro」製品情報

公式サイト:SOUNDPEATS / X:@SOUNDPEATS_JP
製品ページ:「Capsule3 Pro

カラーブラックホワイト
透明白透明黒
タイプカナル型
対応コーデックLDAC / SBC / AAC
ドライバー12mmダイナミックドライバー
最大再生時間8時間
※充電ケース併用時52時間
サイズケース
50m×67mm×26mm
重量イヤホン片耳:4.7g
ケース込み:42g
充電端子USB-C
パッケージ内容イヤホン本体
充電ケース
イヤホン本体

スペック的には7000円台ではかなり優秀で、ノイズキャンセリング機能や外音取り込みもあり、連続再生時間も充電なしで8時間持つのであまり不満点は感じません。

外観デザイン

外観はブラックカラーでのレビューとしています。

ケースの外観はマットで高級感があり、作りに安っぽさはありません。

マットなので指紋がつきにくい点も良ポイントではないでしょうか。

大きさはそこまで大きいわけではないものの、ポケットに入れるとややかさばる印象ではあります。

ただ、重さはイヤホン込みで50gを切っているので軽い方でしょう。

内側はプラスチック感がありますね。

イヤホン本体もマットな仕上がりで、ピンクゴールドっぽいカラーがより高級感を出してくれている印象です。

上部にはノイズキャンセリング用のマイクがあり、内側には通話用のマイクが備わっていました。

外観に関しては、全体的に質感が良い製品という印象です。

音質について

音の良さや綺麗さ

音質は率直にいうと低音が強めで中音域の解像度が高く感じる音です。
音に厚みもあり迫力が感じられ、音に奥行きを感じます。

高音は潰れているわけではありませんが、物足りなさはあるかもしれません。

ただ、アプリのイコライザー機能を使用することである程度の改善もできてしまうのもすごく良い点です。

低音が強く感じるのはイヤーピースの効果もあると思いますが、激しめの音楽は非常に気持ちよく聴くことができます。

普段は有線タイプの1万円を超える「IE 100 PRO」というモニターイヤホンを使用していることが多いのですが、聴き心地に関しては引けを劣らないくらいです。

正直に言って7,000円台の音質としてはかなり優秀な製品だと感じました。

普段フラットな音質のイヤホンで聴いている方は結構びっくりするのではないでしょうか。

アプリのイコライザーは必須ではありませんが、使用することでより好みの音質にカスタマイズできるので、この点においてもかなりポイントが高いですね。

Capsule3 ProはLDACコーデックへの対応もされていますが、対応しているデバイスでないと効果を発揮できないので理解しておきましょう。

ノイズキャンセリングの性能

Capsule3 Proには「最大43dB」のノイズキャンセリング機能が搭載されることが掲載されていました。

同価格帯のイヤホンでも製品によっては全然ノイズ低減効果がないということもある中、Capsule3 Proは心配しないで良いと伝えられるレベルです。

音楽を流さず、耳栓がわりに使う場合では周りの音は少し聞こえますが、音楽を聴いたりする用途であれば十分なノイズ低減効果だと言えます。

外音取り込みモードについて

Capsule3 Proはカナル型イヤホンであるため、ノイズキャンセリング機能を使用しない場合でも少し周りの音が聞き取りにくくなりますが、「外音取り込みモード」が搭載されているため心配ありません。

イヤホンを耳から外すことなく会話ができたり、周囲の音を聞いておきたい場合でも、イヤホン本体に備わっているマイクから外の音を拾って流してくれます。

Capsule3 Proの外音取り込み機能も優秀で、周りの音がしっかり耳へ流れてきました。

集音して流される音も比較的素直だと認識しています。

マイク音質について

実際にLINE通話などでも試してみましたが、正直マイク音声に関しては音質が良いとは言えません。

マイクのピックアップが良いため、相手が聞こえにくいということはなかったですが、とにかく違和感があるということが言われました。

iPhone購入時についているEarPodsの方が聞きやすいようなので、この点が改善されていくとよりおすすめしたい製品になりますね。

操作性について

主な操作は下の表のようになっています。

音量アップ左をタップ
音量ダウン右をタップ
曲送り右側を1.5秒長押し
曲戻し左側を1.5秒長押し
着信受話|通話終了
再生|再生一時停止
左右いずれかを2回タップ
音声アシスタント左を3回タップ
ゲームモード右を3回タップ
モード切り替え
(ANC|通常|外音取り込み)
1.5秒長押し

操作自体は簡単なので、使用していればすぐになれてきます。

ですが、AppleのAir Pods Proなどを使用している方は操作に迷いを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

操作性に関しては一点問題がありまして、半年以上使っても「曲送り」に関してはストレスを感じます。

曲を飛ばすたびに1.5秒の長押しが必要なので、サクサク曲を飛ばせないのはこの製品の残念な点の一つではないでしょうか。

SOUNDPEATS「Capsule3 Pro」メリットデメリット

おすすめできるポイントや気になったポイントをまとめました。

メリット

  • 7,000円台似しては高いパフォーマンスのイヤホン
  • 音質はかなり良い!厚みもあって奥行きも感じられる
  • ノイズキャンセリングと外音取り込み機能の効果はしっかりしている
  • 外観デザインはマットな質感で高級感あり
  • アプリでイコライザー設定が行える

デメリット

  • ワイヤレス充電ではない
  • 操作性が少し不便
  • マイク音質がイマイチ

コスパ最強とも言われる「Capsule3 Pro」ですが、正直まさにその通りだと思いますね。

発売当初でも定価8,480円と安い価格設定でしたが、現在ではAmazonであれば7,000円台で購入できます。

タイムセール期間中であれば7,208円という価格でした。

興味がある方はチェックしてみましょう。

まとめ

今回はSOUNDPEATS Capsule3 Proのレビューをさせていただきました。

発売からずっと使わせていただいていますが、とにかく心地よく音楽を聴けるので重宝しているアイテムとなっています。

音声面ではコストカットされている部分が見えますが、音質やノイズキャンセリング機能など全体的にみても完成度が高いです。

コスパ最強と言える製品で間違いありません。

上を見ればもっと音質の良いワイヤレスイヤホンは山ほどありますが、この価格帯で手に入れられるイヤホンの中でもかなり良い製品なので、ぜひ選択肢の一つとして検討してみてください。

-ガジェット, レビュー
-, ,